ミーティング

第12回 日米癌合同会議

概要

 2022年2月5日(土)より2月9日(水)の5日間、米国ハワイ州マウイ島において開催する予定でございましたThe 12th AACR-JCA Joint Conferenceに関し、新型コロナウイルス/オミクロン 株の急速な拡大に伴う日米両国の出入国規制の強化を受け、米国癌学会との複数回の協議の結果、当初予定しておりました2022年2月の開催を2022年12月10日(土)−14日(水)に延期することで合意いたしましたのでお知らせ申し上げます。
 Confernceの詳細に関しましては、AACR homepage ならびに JCA homepage 等を通して逐次情報を更新する予定でおります。
 AACR homepageには、ホテルキャンセルにかかる情報も記載がございますので、ご確認ください。

 皆様には混乱とご不便をおかけし誠に恐縮ですが、2022年の後半までには新型コロナ禍が収束し、マウイ島で多くの皆様とお会いできることを楽しみにしております。

The 12th AACR-JCA Joint Conference 日本側世話人
畠山 昌則


英文名:
Twelfth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: Translating Knowledge into Practice
会期:
2022年12月10日(土)~12月14日(水)
会場:
ハイアットリージエンシーマウイ、米国
世話人:
畠山 昌則(東京大学:日本癌学会側)
Dr. Antoni Ribas
(University of California Los Angeles:米国癌学会側)
主催者:

一社)日本癌学会(JCA)、米国癌学会(AACR)

プログラム:
添付1件:aacr2021_program_1125.pdf
PCRについて:
会議参加へ必要な出入国時準備のためのPCR検査につきましては、学会にて負担いたします。詳細につきましては、メールにてご案内いたします。