日本癌学会学術賞

2021年度日本癌学会学術賞 受賞者

吉田富三賞

中村 卓郎(公益財団法人がん研究会 がん研究所 副所長)
「白血病・肉腫原因遺伝子の同定とモデル化による発がん機構の解明」
中村卓郎博士は、白血病や骨軟部肉腫の発生機構を研究する中で、ホメオドメイン遺伝子群やBCL11A、TRIB1偽キナーゼ、NUP98及びCIC-DUX4融合遺伝子などの原因遺伝子を次々に同定した。同定した遺伝子の発がんにおける機能の本質を明らかにするために、先進的でユニークな動物モデルを開発し、がん細胞の発生起源や微小環境との相互作用に関する知見を示すことで、新たな治療法の可能性を切り拓いた。

長與又郎賞

中釜 斉(国立がん研究センター 理事長)
「ヒト発がん要因の同定と多段階発がんの本態解明に関する研究」
中釜斉博士は、環境要因によるヒト消化器発がんの分子機構について動物モデルを用いた研究で多くの成果を挙げた。種々の発がん物質などのDNA損傷物質への暴露が、細胞老化や細胞死誘導に重要な役割を果たすmiR-34a等のマイクロRNAの発現を誘導することを世界に先駆けて報告し、マイクロRNAの機能複合体であるRISCの構成因子SND1が大腸発がんの初期課程に寄与することを明らかにした。さらに中釜博士は日本癌学会理事長として若手や女性研究者の学会参画を積極的に促すとともに、学会の法人化を実現するなど日本癌学会の発展に大きく貢献した。

JCA-Mauvernay Award

Innovative and/or disruptive research
Shumpei Ishikawa (Professor, Department of Preventive Medicine, Graduate Shool of Medicine, The University of Tokyo)
Genomic Characterization of Diffuse-type Gastric Carcinoma Life Cycle
Translational Research
Hiromichi Ebi(Division Head, Division of Molecular Therapeutics, Aichi Cancer Center Research Institute)
Development of targeted therapies against tumors with aberrant MAPK singnaling

JCA-CHAAO賞

浜本 隆二(代表者)(国立がん研究センター研究所 がん分子修飾制御学分野 分野長)
山田 真善(国立がん研究センター中央病院内視鏡科 医員)
斎藤 豊(国立がん研究センター中央病院内視鏡科/内視鏡センター 科長/センター長)
「大腸がんの効果的な内視鏡治療及び個別化医療の実現を志向した内視鏡AI診断支援医療機器の開発」

JCA International Award

Bin Tean Teh (Research Director, National Cancer Centre of Singapore)
Carcinogenic mechanisms of cholangiocarcinoma by fluke and urothelial cancer by aristolochic acid

女性科学者賞

神奈木 真理(東京医科歯科大学・名誉教授/関西医科大学・微生物学講座・客員教授 左記)
成人T細胞白血病の免疫学的疾患機序の解明ならびにワクチン療法の開発

日本癌学会奨励賞

【基礎】
石原 純 (インペリアルカレッジロンドン 講師)
タンパク質工学を用いたがん免疫療法の腫瘍細胞外マトリクスへの送達と、それによる副作用と薬効の改善
岡部  篤史 (千葉大学大学院医学研究院 分子腫瘍学  助教)
ウィルスがもたらすヘテロクロマチン破綻と新たなエピジェネティック発癌機構「エンハンサー侵襲」の発見
髙橋 恵生 (東京大学大学院医学系研究科 分子病理学分野  助教)
組織透明化手法のがん研究への応用
立和名 博昭 (公益財団法人がん研究会がん研究所 がん生物部  研究員)
がん細胞におけるヒストンダイナミクスの解析
仁平 直江 (東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子遺伝分野 日本学術振興会 特別研究員)
PD-L1の核内移行制御に対する分子標的薬は抗PD-1抗体による癌免疫療法の効果を向上させる
【臨床】
鵜飼 知嵩(ハーバード公衆衛生大学院、ブリガムアンドウィメンズ病院 リサーチフェロー)
造血器腫瘍のリスク要因に関する大規模疫学研究
小林 祥久(国立がん研究センター研究所 分子病理分野 研究員)
早期肺がんの画像的・遺伝子的評価と進行肺がんの分子標的治療に対する耐性機序
明神 悠太(大阪大学医学部 消化器内科学  医員)
肝細胞癌の分子標的治療薬の治療効果予測バイオマーカーを探索する橋渡し研究
向山 順子(神戸大学大学院医学研究科 外科学講座食道胃腸外科学分野  医学研究員)
大腸癌臨床検体のマイクロRNA網羅的解析による新規大腸癌幹細胞制御機構の解明
安田 忠仁(熊本大学大学院生命科学研究部 消化器外科学分野  医員)
全身性炎症を背景とする病態を制御し、難治癌の克服を目指すトランスレーショナル研究