ミーティング

シンポジウム

日本癌学会シンポジウム たばことがん

発がんメカニズム、予防と臨床、そして政策まで

日時:
2012年12月10日(月) 午前10時〜午後5時
会場:
国際研究交流会館 国立がん研究センター内(東京都中央区)
参加費:
入場無料
事前参加登録:
不要
世話人:
  • 望月 友美子(国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部長、
    「喫煙と健康」WHO指定研究協力センター長)
  • 浜島 信之(名古屋大学大学院医学系研究科予防医学教授)
  • 中村 正和(大阪がん循環器病予防センター予防推進部長)
主催:
日本癌学会
後援:
日本疫学会、17学会禁煙推進学術ネットワーク、UICC日本委員会
プログラム
  • 10:00〜10:10 主催者の挨拶と趣旨説明

    望月友美子

  • 10:10〜10:40 喫煙の発がん機序

    今井田克己 司会:中釜 斉

  • 10:40〜11:10 喫煙の影響を受けやすい遺伝的体質

    浜島信之 司会:若井建志

  • 11:10〜11:40 喫煙によるがん発生の寄与

    片野田耕太 司会:井上真奈美

  • 11:40〜12:10 喫煙者による有効な検診

    祖父江友孝 司会:斉藤 博

  • 12:10〜13:00 昼食
  • 13:00〜13:30 わが国における禁煙治療の現状と課題

    中村正和 司会:大島 明

  • 13:30〜14:00 がん患者の喫煙影響と禁煙治療

    田中英夫 司会:津金昌一郎

  • 14:00〜14:30 たばこ対策のためのたばこ煙の有害成分評価

    稲葉洋平 司会:欅田尚樹

  • 14:30〜15:00 地域社会における受動喫煙曝露の状況

    大和 浩 司会:尾崎米厚

  • 15:00〜15:15 休憩
  • 15:15〜15:45 わが国におけるたばこ対策の現状と課題

    望月友美子 司会:浜島信之

  • 15:45〜16:30 世界におけるたばこ対策の潮流

    M. Eriksen 司会:望月友美子

  • 16:30〜16:55 たばこ対策に関する総合討論

    司会:田島和雄、中村正和

  • 16:55〜17:00 閉会挨拶

    浜島信之