Cancer Science

Cancer Science

Cancer Scienceは2014年1月号よりフルオープンアクセスジャーナルになります

これに伴い、2013年8月30日以降に投稿される論文*は全てオープンアクセス扱いとし、オープンアクセス掲載料(Article Publication Charge)が課金され、また投稿サイトのワークフローも変更されます。

コレスポンディング著者がJCA会員の論文については、オープンアクセス掲載料に会員割引が適用されます(一般向けUS$2,250が半額のUS$1,125に減額)。

割引を受けるには、会員限定サイトに掲載している割引コードとコレスポンディング著者のJCA会員番号を投稿サイトにて入力してください。

*2013年8月29日以前に投稿された論文につきまして:
2014年1月号以降に出版される場合にはオープンアクセスとして掲載され、オープンアクセス掲載料につきましては負担が免除されます。

ワイリー社のオープンアクセスジャーナルCancer Medicineに投稿する
日本癌学会会員への優待について:

日本癌学会(JCA)の会員がコレスポンディング著者であれば、オープンアクセスジャーナルCancer Medicineに直接投稿する際に会員優待(10%割引)を受けられます。 割引を受けるためのJCAコード番号は、学会HPのJCA会員専用ページの中に記載されています。

The Japanese Cancer Association is pleased to be able to offer a benefit to its members in collaboration with Cancer Medicine, a Wiley Open Access journal

Authors who are members of the Japanese Cancer Association are eligible for a 10% discount on the article publication charge when they submit a manuscript directly to the Wiley Open Access Journal, Cancer Medicine. To qualify for the member discount the corresponding author for the paper must be a member in good standing, and a discount code is available on the Japanese Cancer Association website.

日本癌学会機関誌『Cancer Science』における利益相反マネジメントについて

 日本癌学会では、平成21年4月より、試行的にCancer Science誌の利益相反マネジメントを開始し、運用上の問題点を検討してまいりました。 このたび、その後の投稿者への調査などを通じて運用上の問題点などが明らかになりましたので、Cancer Science誌の利益相反開示に関する規定を改定して、平成23年4月より、新たに運用することにいたしましたので、ここにお知らせ致します。

 なお今回の改定に当たっては運用ルールが大きく変更されるため、平成23年4月より1年間はさらに試行期間となりますが、論文投稿に当たりましては、新たな利益相反ルールを良くご理解の上、これを遵守して頂きますようお願い申し上げます。また、試行期間中の発表論文の利益相反開示不備に関する罰則はありません。

2010年10月
日本癌学会利益相反委員会
委員長 河上 裕

Cancer Scienceの閲覧について

Cancer Scienceは、会員限定サイトから閲覧が可能です。
会員専用ページログイン

入会をご希望される方は「入会のお手続き」をご覧下さい。

最新号目次

最銀号の目次はこちらからご覧いただけます。

バックナンバーはこちらから

Cancer Science 編集部

Cancer Science への論文投稿および論文に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

Cancer Science 編集部
〒112-0002 東京都文京区小石川1-28-1 フロンティア小石川ビル4F
ワイリージャパン WILEY-BLACKWELL
TEL 03-3830-1266 FAX 03-5689-7278
E-mail: cancerscience@wiley.com