一般の方へ 市民公開講座

第36回 日本癌学会市民公開講座(Web配信)

概要

第36回日本癌学会市民講座

テーマ:
研究が切り拓く がん治療最前線
Webライブ配信日時:
2020年10月3日(土)15:00〜17:35
主催:
日本癌学会、公益財団法人日本対がん協会
後援(予定):
厚生労働省、文部科学省、広島県、広島市、一般社団法人広島県医師会、一般社団法人広島市医師会、公益財団法人広島がんセミナー、公益財団法人広島観光コンベンションビューロー、朝日新聞社、中国新聞社
参加費:
視聴無料(要事前参加登録)

プログラム

司会:
安井  弥(第79回日本癌学会学術総会 学術会長、広島大学大学院医系科学研究分子病理学 教授)
藤田 直也(日本癌学会 広報委員長、がん研究会がん化学療法センター 所長)
開会の挨拶:
中釜  斉(日本癌学会 理事長、国立がん研究センター 理事長・総長)
後藤 尚雄(公益財団法人日本対がん協会 理事長)
安井  弥(第79回日本癌学会学術総会 学術会長、広島大学大学院医系科学研究分子病理学 教授)
講演:
講演1  (15:15〜15:35)
「研究が切り拓く 消化管がん治療の最前線」
吉田 和弘(岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授)

講演2  (15:35〜15:55)
「研究が切り拓く 肺がん治療の最前線」
矢野 聖二(金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科 教授)

講演3  (15:55〜16:15)
「研究が切り拓く 乳がん治療の最前線」   
佐伯 俊昭(埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科 教授)

休憩   (16:15〜16:25)

講演4  (16:25〜16:45)
「よく分かるがんゲノム医療」  
田村 研治(島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター 教授)

講演5  (16:45〜17:00)
「広島県におけるがんゲノム医療体制」  
檜井 孝夫(広島大学病院 遺伝子診療科 特任教授)
パネルディスカッション: (17:00〜17:30)

閉会の挨拶:  (17:30〜17:35)
藤田 直也(日本癌学会 広報委員長、がん研究会がん化学療法センター 所長)

お申込み

ホームページからのご応募:

お申込みはこちらから
ホームページまたはEメールにてお申込みください:
@住所 A氏名(ふりがな) B年齢 C職業 D電話番号(日中の連絡先)
E メールアドレス F ご質問(多数の場合、お答えできないことがあります)

Eメールの場合は件名を「第36回市民公開講座参加希望」としてください。
Eメール送付先 jca2020-shimin@convention.co.jp

Web視聴方法をご連絡するため、お申込みの際は必ずメールアドレスをご明記ください
Web視聴申込み締切:
9月23日(水)
個人情報について:
ご登録いただいた個人情報は本市民公開講座の運営準備の目的以外での使用はいたしません。またご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理いたします。
その他:
*講師の先生に質問がある方は、申込みの際にご記入ください。
時間の都合により全ての質問にはお答えできませんので、あらかじめご了承くだい。

お申込み・お問い合わせ先

第36回日本癌学会市民公開講座事務局:
日本コンベンションサービス株式会社 関西支社
〒541-0042大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神淀屋橋ビル2階
TEL:06-6221-5933  FAX:06-6221-5939
E-mail:jca2020-shimin@convention.co.jp