日本癌学会学術賞

2018年度日本癌学会学術賞 受賞者

吉田富三賞

宮園 浩平(東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 分子病理学分野 教授)
宮園浩平博士は、がんの浸潤や進展に密接に関与するサイトカインであるTGF-βとそのファミリーの因子のシグナル伝達機構を中心に先駆的な業績をあげた。宮園博士はTGF-βによる上皮―間葉転換(EMT)誘導の分子機構をがん遺伝子Rasとの関連を中心に明らかにし、さらに最新のイメージング技術などを用いてTGF-βによる上皮―間葉転換ががんの浸潤や転移に重要な役割を果たすことを明らかにした。

長與又郎賞

樋野 興夫(順天堂大学医学部 病理・腫瘍学 教授)
樋野興夫博士は、B型肝炎ウイルスの発がん機構や遺伝性腎癌ラットの原因遺伝子の同定など、病理学に立脚した優れた研究業績を挙げられました。また、アスベストによる中皮腫を環境発がんの深刻な問題と捉えて専門外来を開設し、ERCによる診断法を開発するなど、基礎研究の臨床応用にも取り組まれました。さらに、がんを人間の営みとして捉えるがん哲学を主唱し、外来を通じて支持を集めて居られます。日本癌学会では理事を4期務め、その発展に貢献されています。

JCA International Award

Wei-Guo Zhu(Distinguished professor, President of Shenzhen University Health Science Center)
Identification of non-epigenetic targets of epigenetic regulators

JCA-Mauvernay Award

Translational Research
Takahiro Maeda ( Associate Professor, Center for Celluar and Molecular Medicine/Kyushu University Hospital )
Identifying novel targets for leukemia therapy using the CRISPR/Cas9 gene-editing tool
Other research area
Tatsushi Igaki ( Professor, Laboratory of Genetics/Graduate School of Biostudies Kyoto University)
Mechanisms of cell-cell competition and cooperation in tumorigenesis

JCA-CHAAO賞

河野 隆志(国立研究開発法人 国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長)
後藤 功一(国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科 科長)
「希少頻度のドライバー遺伝子異常を有する肺癌に対する個別化医療の確立を目指した治療開発体制の構築」

女性科学者賞

金井 弥栄(慶應義塾大学医学部 病理学教室 教授)
ヒト多段階発がんのエピゲノム機構に関する分子病理学的研究

日本癌学会奨励賞

【基礎】
植田 幸嗣
(公益財団法人 がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター がんオーダーメイド医療開発プロジェクト プロジェクトリーダー) 血中エクソソームの高深度プロテオーム解析によるがん早期診断技術開発
笠原 広介
(三重大学大学院医学系研究科 分子生理学分野 准教授) 一次線毛の形成動態によるがん細胞増殖制御機構の解明
高阪 真路
(国立がん研究センター研究所 細胞情報学分野 主任研究員) がんにおける病的意義の不明なEGFR遺伝子バリアントのハイスループット機能評価法
昆 彩奈
(京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座 助教) スプライシング因子変異による骨髄異形成症候群発症の分子病態の解明
佐藤 礼子
(東京薬科大学生命科学部ゲノム病態医科学研究室 助教) がん細胞の薬剤耐性阻害を目指した標的分子の同定と制御メカニズムの解明
中奥 敬史
(国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 研究員) 肺がんにおける治療標的となる遺伝子融合の同定と新規薬剤耐性機構の解明
永田 安伸
(クリーブランドクリニック リサーチフェロー) 成人T細胞性白血病リンパ腫における遺伝子異常の解明
細野 祥之
(愛知県がんセンター研究所 がん標的治療TR分野 ユニット長) 非小細胞肺癌において発生・進展を調整する新規遺伝子の同定と機能解析
森田 剣
(ハーバード大学ダナ・ファーバー癌研究所 小児腫瘍学分野 リサーチフェロー) 遺伝子スイッチ法を用いたRUNXクラスター制御による汎用抗癌剤の開発
【臨床】
清谷 一馬
(公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター 免疫ゲノム医療開発プロジェクト 免疫ゲノム解析グループ グループリーダー) 抗がん剤の治療効果・副作用の予測する遺伝子バイオマーカーの同定
竹内 伸司
(金沢大学附属病院 がんセンター 講師) 肺癌のアポトーシス抵抗性に起因する分子標的薬耐性を克服する橋渡し研究