日本癌学会 理事長あいさつ

理事長あいさつ

ご挨拶

日本癌学会理事長 宮園 浩平

日本癌学会理事長
宮園 浩平

 日本癌学会の目的は「癌研究の発達を図る(会則第2条)」であり、本学会はがんの基礎研究から橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ)、臨床研究まで幅広く研究を行っている組織です。本学会は大学や研究機関、医療機関に所属する医学・生命科学の研究者や医師、医療の専門家、企業において医薬品や医療機器開発に関わる研究者などで構成されており、現在、会員数は約16,000人を数えます。2003年より本学会は理事長制を導入し、廣橋説雄博士(2003-2008)、野田哲生博士(2009-2014)の後を受けて2015年より宮園浩平が理事長に就任しました。

 日本癌学会では「学術総会の開催」と「学会機関誌Cancer Scienceの発行」という二つの活動が大きな柱となっています。また本学会では年に2回の市民公開講座の開催、吉田富三賞、長與又郎賞をはじめとした各種学術賞の授与、3年に1回のアメリカ癌学会(AACR)との日米癌合同会議(ハワイ)の開催など幅広い活動を行っています。

 学術総会は年に一度、秋に開催されます。2014年の第73回学術総会(野田哲生会長)は横浜で開催されましたが、学術総会には例年5,000名の研究者や学生の方々が参加します。本学会は我が国でもいち早く「国際化」を大きなテーマとして推進して来たことが特徴であり、学術総会ではインターナショナルセッションでアジア・オセアニアを中心に海外の研究者を数多く集めてシンポジウムを行うなど活発な活動を進めています。

 Cancer Scienceは1907年に創刊された世界で最も古いがん専門誌の一つであるGANN(癌)を本学会が受け継いだものです。その後、GANNはJJCR(Japanese Journal of Cancer Research)を経て、Cancer Scienceとして現在に至っています。最近では本誌のImpact factorはコンスタントに3を超え、2014年からはフルオープンアクセスジャーナルとなり、さらなる発展を続けています。本誌は中村祐輔編集長(Editor-in-Chief)のもと、国際的にも高いレベルとの評価を得て、名実共に国際学術誌となっています。

 がん研究は20世紀後半になって加速度的に進歩し、がんの本態を明らかにするような画期的な研究成果が得られてきました。21世紀に入ってからはがんの分子標的治療薬が次々に開発され、がん治療の面でも飛躍的な進歩が見られており、一方で次世代シーケンサーの登場によりがんのゲノム解析が飛躍的に進むなど、近年のがん研究はまさに新たな局面を迎えています。こうした世界のがん研究の発展にはこれまで多くの本学会会員が貢献してきました。我が国のがん研究はこれまでも文部科学省、厚生労働省や各種の財団をはじめとした多くの研究費によって支えられてきましたが、2015年からは新たにスタートするA-MED (日本医療研究開発機構)によってがん研究がさらに加速度的に発展することが期待されます。我が国は高齢社会から今後は超高齢社会へと移行し、がんは相変わらず我が国の死因の第一位となっていますが、私たちは本学会の活動を通じて医学・生命科学の発展に貢献し、社会との連携のもとに新たながん予防法やがん診断・治療法の開発を進めて行きたいと考えています。

 皆様のさらなるご支援をよろしくお願いいたします。